• RPS-Japan

英国王立写真協会日本支部 引き継ぎ業務とスタジオ見学

2018年6月22日 (金)

 先日、埼玉県鴻巣市吹上にある「ふじみスタジオ」を、英国王立写真協会日本支部の三宅理事長、天海理事と私、髙木が訪問しました。

ふじみスタジオの外観

 このスタジオは、英国本国をはじめ国内の写真コンテストで多数受賞している英国王立写真協会日本支部の林理事が、約半年前に開設した新たなスタジオで、ご使用されているカメラの名機の数々や様々な撮影が可能な写真スタジオに加えて、写真教室もできるようになっていました。

これまで受賞した賞状やメダルの一部を見せていただきました

 しかも仕事が長引いたときに寝泊りもできるようになっていて、作品作りに没頭して時間を忘れてしまっても大丈夫なようになっていました。

 最新のマックにA2まで対応するプリンターに加えて、写真展のパネル作りまで対応できるようになっていて、秘書やパネル作りのプロまで常駐しており、写真をする者たちの夢の城といった感じで、素晴らしいスタジオでした。

スタジオでの作業風景

 一通りスタジオを拝見した後、昼食に行こうということになり、林理事がよく行くというホテル内のレストランで鉄板焼きをいただきました。とても美味しいお店でした。

格調高いレストランの庭

美味しい鉄板焼き

食後のデザート

 その後、本題の英国王立写真協会日本支部のホームページとブログの引き継ぎのための説明を受けました。

 これまで林理事が担当されていましたが、今後は私が英国王立写真協会日本支部のブログを担当することになったため、ブログへのログインから投稿、さらに掲載する写真のリサイズや補正方法など、多岐にわたりレクチャーを受けました。

 林理事の素早くさらっと作業をしている中にも匠の技が光る写真編集技術がそこにありました。早く覚えなくては!!

 その後、林理事に写真教室をしていただきました。

 沢山ある林理事の作品作りの方法の一部を垣間見ることが出来て、大変有意義な時間を過ごすことができました。

ありがとうございました!!

文責:髙木陽光

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

細江英公氏がRPSJ名誉会員となられました

日本を代表する写真家の細江英公氏がRPSJの名誉会員となられました。 細江氏は1933年生まれ。日本写真家協会副会長、東京工芸大学芸術学部名誉教授等を歴任。紫綬褒章、旭日重光章、文化功労者を受賞。 細江氏は、RPS英国本部から、RPS150周年特別賞を授与された唯一の日本人写真家です。同賞は写真芸術に大きな貢献をした世界的写真家7名に授与されました。 世界的写真家にご参画いただけることを光栄に存じ