• RPS-Japan

RPSスイス支部役員が日本支部を訪問

2014年10月12日 (日)

 RPSスイス支部で財務担当役員を務めるロブ・C・カーショー(Rob C Kershaw =ARPS=)氏が業務出張で来日、10月11日に三宅理事長を表敬訪問しました。(日比谷事務局長が同席)RPS海外支部のメンバーが日本支部を訪問するのは今回が初めてです。📷  面会は大変和やかな雰囲気で進み、三宅理事長は日本支部が紹介された「Portfolio 3」(RPS本部発行)や支部の会報などを示しながら、支部活動について詳しく説明しました。一方、カーショー氏からはスイス支部の現状について①会員は約20人②居住地が点在しているため一堂に会するのは難しく、活動はネット上で情報交流が中心…などの説明がありました。  三宅理事長とカーショー氏は両支部の今後の友好関係を確認し、支部間での作品交流も検討することになりました。  カーショー氏は長くイルフォード社に在籍、昨年6月まで日本法人の社長を務めていました。その後退職し、現在は今年起業した貿易関係の会社を経営しています。なお、写真撮影ではペンタックスを愛用しているとのことでした。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

細江英公氏がRPSJ名誉会員となられました

日本を代表する写真家の細江英公氏がRPSJの名誉会員となられました。 細江氏は1933年生まれ。日本写真家協会副会長、東京工芸大学芸術学部名誉教授等を歴任。紫綬褒章、旭日重光章、文化功労者を受賞。 細江氏は、RPS英国本部から、RPS150周年特別賞を授与された唯一の日本人写真家です。同賞は写真芸術に大きな貢献をした世界的写真家7名に授与されました。 世界的写真家にご参画いただけることを光栄に存じ

キャサリン妃がRPSのパトロンに

6月25日付で、キャサリン妃がRPSのパトロンになられました。 これまで、エリザベス女王が67年にわたってパトロンを務めてこられましたが、キャサリン妃にバトンタッチされました。 キャサリン妃はRPSの他にも、ナショナル・ポートレート・ギャラリー、ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアムのパトロンを務められ、広く芸術関連のサポートをなさっています。 今までもRPSの名誉会員として、ご自身のお子

サイトリニューアル後の2019年4月1日より

 回のアクセスがありました。

 (旧HP 2006年9月1日より 17000人)


 

一般社団法人 英国王立写真協会日本支部
©2019 The Royal Photographic Society Japan Chapter.
All right Reserved.